効果アップ

病院で処方してくれるものがある!?

育毛剤はたくさんの種類があるので、自分の症状にあっているものを選ぶのは一苦労です。
自己判断が不安なら、病院で医師や専門家の指示をあおぐのもひとつの手です。
病院なら、市販で手に入らない育毛剤を処方してもらえることもあります。

たとえばミノキシジル。
頭皮の毛細血管を拡張して毛根に栄養が行き渡るようにする外用薬です。
かかる病院は皮膚科になりますが、中には育毛方面に力を入れていない場合もあるので、先に電話で確認すると良いでしょう。
ほかに、病院で処方される育毛剤には「フィナステリド」が配合された錠剤があります。

この成分は、体内の男性ホルモン(テストステロン)が、脱毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化するのを防いでくれます。
フィナステリドが配合された薬には、プロペシアを始めとしてプロスカー、プロステリド、フィライド、フィナステリドIVAXなどがあります。
その他、ジェネリック薬としてフィンペシア、フィンカー、フィンコム、フィナックスなどがあります。

ジェネリック薬は効き目は同じなのに価格が安いので人気があります。
注意したいのは、一般的な病院(皮膚科など)での治療は、上記の錠剤が処方される程度だということです。
発毛に力を入れているわけではないので、現状維持か進行を遅らせることが目的になります。
それに対して、薄毛専門外来は、血液検査などをして原因を詳しく追究し、発毛に力を入れています。

頭皮の撮影をしたりなどして経過観察もしてくれます。
その分費用は高くなるわけですが、なんとしてでもふさふさになりたいなら、行くのは薄毛専門外来がいいでしょう。
一般に、円形脱毛症の場合には保険が適用されますが、男性型脱毛症の場合には保険適用外となります。

このページの先頭へ