効果アップ

育毛剤と発毛剤の違い

髪の毛をふさふさにしたくて育毛剤を検索していると、たまに「発毛剤」というワードを見かけます。
ところで、育毛剤と発毛剤の違いってあるんでしょうか?
簡単に言えば、育毛剤は今生えている髪の毛を丈夫にするためのもの、発毛剤は、生えていないところから髪の毛を生やすもの、ということです。

つまり、「最近髪の毛のコシが柔らかくなってきたな~」とか「日に当たると頭皮が見えるようになってきた!」という場合には育毛剤を使います。
薄毛になってきたと思っても、毛穴をよく見て産毛が生えているなら使うのは育毛剤です。
発毛剤は、毛穴から毛が生えていない場合に使います。

一部分だけ髪が抜けてしまった場合や、毛穴から永らく毛が生えてこない場合です。
それ以外に育毛剤と発毛剤の違いは、医薬品かそうでないかということだったりもします。
育毛剤は化粧品のような感覚で気軽に使えるものであるのに対し、発毛剤は医者や薬剤師の判断・説明のもと、使うことが多いです。

発毛剤は成分が強い場合が多く、より高い効果が期待できる半面、副作用も懸念されています。
専門家の説明を聞き、メリット・デメリットを理解した上で使用したいものです。
育毛剤と発毛剤のほかに養毛剤というのもあって、これは頭皮に栄養を補給することがメインです。
お肌の美容液のような感覚で使用することができます。

このページの先頭へ