効果アップ

育毛剤の副作用

育毛剤を使うときに気になるのが副作用ですね。
国内で生産・販売されているものに関しては、慎重な研究が重ねられた上で商品となっています。
また最近では特に、天然の植物から抽出されたエキスを使った、体に優しい育毛剤も多くなっています。

それで、日本国内の育毛剤の使用で重大な副作用を引き起こすことはほとんどないといわれています。
でも、まったく副作用がない訳ではないので、まれに見られる副作用の例を挙げてみたいと思います。
育毛剤の副作用で最も多いのは、成分「ミノキシジル」と「塩化カルプロニウム」が引き起こすものです。

これらの成分はもともと高血圧の人が服用する薬でした。
毛細血管を拡張することで血圧を下げる仕組みになっているのです。
これらの成分を頭皮に塗ることで頭皮の血管を拡張し、毛根に栄養が届くようにしているんですね。

この成分が体質に合わなかったり、早く効果を出そうとして使用する量や頻度を増やしたりすると副作用が出ることがあります
副作用には動悸、不整脈、赤ら顔、胸痛、頭痛、めまい、低血圧、体のしびれやむくみなどがあります。
また、これらの成分以外でも、つけ過ぎや肌に合わないなどの理由でかぶれたり、痒みが出たりすることがあります。
新しい育毛剤を使うときには、様子を見ながら慎重に使うようにしましょう。

このページの先頭へ