効果アップ

育毛剤の成分

人気のある育毛剤とそうでないものの違いは、やはり成分です。
育毛剤に使用されている成分を確認し、自分にあったものを選びましょう。
ここでは育毛剤によく使用される成分について簡単に説明したいと思います。

男性ホルモンが多いことが原因で薄毛になってしまう「男性型脱毛症」に効果があるとされているのは、「ミノキシジル」と「塩化カルプロニウム」の2種類です。
どちらも局所的に血管を広げ、血流を促す働きがあります。
高い効果が期待できるため人気がありますが、副作用にも注意する必要があります。

もともと医薬品ですから慎重に使用したいものです。
その他、血流を促す成分としてはセンブリエキス、イチョウエキス、ビタミンE誘導剤、クジンエキス、セファランチン、ニンジンエキス、ニコチン酸ベンジルなどがあります。
毛母細胞を活性化させる成分には、ペンタデカン酸グリセリド、ビオチン、チクセツニンジン、アデノシン、パントテニールエチルエーテルなどがあります。

ペンタデカン酸グリセリドは毛が抜けて新しい毛が生えてくるサイクルを早めてくれます。
頭皮の皮脂を抑えてくれる成分は、イオウ、カシュウ(ツルドクダミの根っこを乾燥させたもの)、ビタミンB6などです。
まずは薄毛の原因を理解し、原因を解消してくれる成分を選ぶことが大切です。

このページの先頭へ